High and dry

それが魔法というものなら 死ぬまで解けないかも

ジャニーズ楽曲大賞2016

ジャニーズ楽曲大賞2016

今年も投票したよ。

楽曲部門1位:「LIS'N」増田貴久(NEWS)
増田貴久が歌う曲としてあまりにも自分好みの曲が出来上がってしまい頭を抱えてる。せめて自担のソロ曲の前では敬虔なヲタクでいたいのに、こんなの聴いたら欲が出てしまって困る…増田くんのバカー!


楽曲部門2位:「薔薇と太陽」KinKi Kids
20周年イヤーの第一弾シングルというオファーに100点満点の答えを出した吉井さんと、吉井さんの回答に100点のパフォーマンスで応えるKinKi Kids、そのガチンコ具合がかっこよすぎて痺れる。おかげで夏の歌番組ではキンキばかり追っていました。


楽曲部門3位:「NEWSKOOL」NEWS
まさかNEWSのアルバムを聴いててRapper's Delightが出てくるとは思わないじゃないですか!やられた。四人四様の声の聴き分けも楽しく、とても実験的な曲だと思います。


楽曲部門4位:「whis・per」NEWS
タイトなリズムも分厚いコーラスワークも細かい譜割りも全部ツボ。同じダンスナンバーでも、派手さ重視のアルバム曲よりこれくらいクールな曲が好き。是非コンサートで!…なんて贅沢は言わないからせめて少プレで!


楽曲部門5位:「Love ConfusionSexy Zone
生楽器を使った贅沢な音作りが最高。こういう曲を歌ってわざとらしくならない若手グループは彼ら以外にいないのでは?と思うので、個人的には是非この路線を爆走してほしい。


未音源化部門:投票なし


MV部門:「恋を知らない君へ」NEWS
画が美しい、光が美しい、NEWSが美しい。ソロシーンには4人それぞれに違うバックボーン、違う物語が用意されているのがヲタク心をくすぐる。


現場部門:「NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO」
NEWSがちゃんとドームサイズのコンサートを作ってきたよー!やったー!!


ストバイ部門:「Clip! Smap! コンプリートシングルス」SMAP
「ジャニヲタが見たいコンテンツの大半が揃ってる」でおなじみのSMAP、その映像資料に持ってこいのMV集が出ました。楽曲の幅広さを楽しむも良し、贅沢な映像世界に浸るも良し、男の子たちの25年間(!)の成長過程を楽しむも良し。「知っているようで案外知らないSMAP」を再発見できること間違いなしです。全63曲、コンサート映像もたっぷり入ってこのお値段(BDで税抜き6800円)はコスパが良すぎるし、買って損はさせません!


担当アンケート:増田貴久


特別賞はSMAPの「チョモランマの唄」です。祝!音源化!

1位に関してはもうちょっと語らせてもらいたい。ので、語る。

基本的にわたしは「あれやって」「これは微妙」「もっとこうすればいいのに」と口うるさい小姑タイプのヲタクなのですけど、自担のソロ曲は一貫して「増田様の増田様による増田様のための世界」であればよくて、その時間を愛しているので、そこに関してだけは自分の好みを持ち込む気がなかったの。
あくまでダンス先行で、コンサートのパフォーマンスで何を魅せるかを重視して作り込んでくるこれまでのソロ曲は、自担の声と歌が何より好きな身としては多少の物足りなさはありつつも、別にそれでよかった。下々の民*1は黙って見ているのが仕事なので(真顔)。

そんな増田くんが、ダンスパフォーマンスだけじゃなく自分の歌(声)そのものにフィーチャーした曲を持ってきたわけですよ!増田貴久のボーカリゼーション全部乗せみたいな曲を!!!ここにきて!!!!!

ビターな低音も歯切れよく畳み掛ける高速ラップも柔らかくて切ないファルセットも魅惑のしゃくりも全部入ってる。わたしの好きな増田くんの声が全部入ってるんだよ~~!

そもそもタイトルが「LIS'N」だもの。「聞け」だもの。
いや願ったり叶ったりですけどーー!?つって。

LIS'N - 増田貴久(NEWS) - 歌詞 : 歌ネット

ああ、ほんとかっこいい。
そりゃあシゲアキも「“周波数”をこんなにクールに言える人いないよ、まじで。」って言うよな…。

でもこんなご褒美みたいな展開がそう何度もあると思っていないので*2、またアルバムが出る頃には何事もなかったかのように物言わぬ下々の民に戻りたい。戻る予定。

*1:と書いてヲタクと読む

*2:自担に期待してないとかじゃないです

2016年に観たもの聴いたもの総括

02/08 ペトロールズ「On The Road Again」@TSUTAYA O-EAST
02/19 GRAPEVINE×Suchmos「SOMETHING SPECIAL」@恵比寿LIQUIDROOM


04/01 GRAPEVINE「tour 2016」@赤坂BLITZ
04/15 ORIGINAL LOVE presents「Love Jam」@Zepp DiverCity


05/07 GRAPEVINE「tour 2016」@横浜Bay Hall


06/11 NEWS「LIVE TOUR 2016 QUARTETTO」@東京ドーム
06/12 NEWS「LIVE TOUR 2016 QUARTETTO」@東京ドーム
06/19 GRAPEVINE「tour 2016」@Zepp DiverCity
06/23 小沢健二「魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ」@Zepp DiverCity


07/25 「ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン」@Bunkamuraシアターコクーン


08/26 GRAPEVINE×TRICERATOPS「IN A LIFETIME2016」@NHKホール


09/07 ペトロールズ「On The Road Again Again」@恵比寿LIQUIDROOM
09/17 GRAPEVINE×TRICERATOPS「IN A LIFETIME2016」@Zepp DiverCity


11/01 「かもめ」@東京芸術劇場プレイハウス
11/05 9mm Parabellum Bullet「tour 2016 "太陽が欲しいだけ"」(guest:GRAPEVINE)@豊洲PIT
11/08 MANIC STREET PREACHERS「"Everything Must Go" 20th Anniversary Tour」@新木場STUDIO COAST(Support Act:GRAPEVINE
11/22 小谷美紗子Trio×セカイイチ「Wordplay vol.46」@渋谷La.mama


12/02 「ふたりソウルショウ‐田島貴男×長岡亮介‐」@渋谷WWW X
12/15 syrup16g「tour 2016 HAIKAI」@Zepp Tokyo
12/21 ペトロールズ「On The Road Again Again」@新木場STUDIO COAST


特に聴いたものは……

hollow world

hollow world

ディストピア (通常盤[CD])

ディストピア (通常盤[CD])

Fantôme

Fantôme

アイム・アフター・タイム

アイム・アフター・タイム

好感度あげたい!

好感度あげたい!

D.A.N.

D.A.N.

こんな感じです、ジャニーズ以外だと。

来年…来年は……バインおじさんの20周年くらいにしか楽しみを見出せないな…。
それがあるだけいいか。

SMAP×SMAP最終回と、これから



中居さんの涙は見たくなかった。
中居さんの大好きなSMAPのことで、あんなにやりきれなさそうな、悲しい顔をさせたくなかった。
そして中居さんの、真っ白くなった手の平と真っ赤になった指先に、この人たちの中でもまだなんにも終わっちゃいないんだと思いました。
あの手の振りは、わたしには「またね」の合図に見えた。「今はこれが精一杯だけど、それでも、またね」って言われた気がしました。
これはSMAPとどう関わってきたかによって見方も印象も変わるでしょう。何が正しくて何が間違っているというものではないと思います。

そしてわたしは慎吾くんが特に好きなのでどうしても慎吾くん贔屓になってしまうのだけど、明らかに泣くのを堪えているのが見て取れたのが、泣くのを我慢するときの癖が、心配で心配で……がんばって、泣かないで、って、テレビを見ていてそこに出ている人を見ていてあんなに祈ったことはないです。こんなにひどいことには泣いたっていいんだよとは咄嗟に言えなくて、それが申し訳なくもあった。なんか…うん、なんだろうな、この気持ちは。
慎吾くんは中居さんと木村さんの年上ふたりから「いちばん大人」「いちばんのしっかり者」と言われるくらい、周りが見えて自分の気持ちを抑えることのできる人だけど、でもやっぱりSMAPの末っ子なんです。優しくて繊細なこの人が、どうかこれ以上傷つかないように、少しでも心穏やかに笑顔でいられますようにと、祈るしかできなかった。

だけどみんな泣いてたね。
吾郎さんもつよぽんも木村さんも堪えてくれたけど、みんな泣いてた。


最後まで5人で何かを語ることをしなかったSMAP
「語らせてもらえなかった」のか「敢えて語らなかった」のか、そんなのはもうどっちでもいいです。
ただ「何も語っていない」という事実があるだけ。そしてそのことがわたしを少しだけ救ってくれます。

これでぜんぶ終わりだなんてまったく思えないのです。
何年かかるかわからないけれど、何年かかってもいいから、きっと5人で戻ってきてね。
そう思い続けて生きていこう。
それまでちゃんと生きよう。
そういう、ある意味人生の目標はできたけど。

ただなあ……歌って踊るSMAPが見られない、全員40代のSMAPが見られない、あんなにかっこよくて美しい5人のステージが見られない、そこに関してはいつまでもメソメソしていくと思う。

ほんとうに悔しいし、さみしい。