読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

High and dry

それが魔法というものなら 死ぬまで解けないかも

二宮くんお誕生日おめでとう

ニノミヤカズナリが30歳になる世界。はああ。すごい世の中ですね!

自分が30歳になるときも「うそみたい」と思ったけどさ(しかもまだ実感ないしさ)、そのとき以上に「うそみたい!」「っていうかうそだろ!」って思ってる。
だけど永遠の17歳も最近では、あーーお顔に年齢が出てきたな、と思うことのほうが増えてきたので、おじさんになった二宮和也がすごく楽しみだし早く見たいです。あ、そしたらわたしもおばさん!
…同い年ってこういうところでいちいちワイワイできるから楽しい。永遠に一方通行の仲間意識。

きみのどんなところがどんな風に好きか書いてみようと思ったんだけど、うまく書けそうになかったよ。
やわらかい文章でポエムみたいに上手に書く人とか見てると素敵だなって、ちょっと真似してみたかったのね。でもまあ無理だわね。なんだかよくわかんないけどすごい好きだな、って、そればっかり思ってきたんだもん。そりゃポエムなんか書けないや。

わたしがヲタクの森に足を踏み入れたのは、きみの存在のせいだよ。
おかげで楽しい毎日を送らせてもらってますよ。きみも楽しいといいなあ。

きみとかね、言ってますけどね、ふだんはだいたいにのちゃんって呼んでるよ。うん。

大野さんと翔くんとあいばさんとじゅんくんの隣で、くふふふ、って口元隠して笑ってるにのちゃんを見るのが好きです。
たくさんの人に愛されて、大事にされてきたんだなあってわかるとき、たまらなくうれしくなります。

にのちゃん! お誕生日おめでとう!