High and dry

それが魔法というものなら 死ぬまで解けないかも

演出家出演/パスピエ

やっと買いましたよパスピエ。聴いてますよパスピエ。

演出家出演(初回限定盤)

演出家出演(初回限定盤)


めちゃくちゃいいじゃないかーーー。

このあいだ流しっぱなしで4、5周してたのですけど(暇か)、いいなーいいなーってずっとウキウキしてた。
声が好きになりきれなくてと前に書きましたが(http://april7sg.hateblo.jp/entry/20130613/1371120776)、いまなんかもうあれだよ、むしろいいじゃん! これがいいじゃん! と思ってるから。白旗あげたらあっという間です。

アレンジも声も歌い回しももっともっとクセありまくりなのかと思いきや、けっこうストレートなのだな、という裏切られ方をしまして。アルバム全編とおしてすごく抜けが良くてキャッチーなので、そういう印象につながっているのかなと思うんだけれど、いやあ、ポップだね。好き好き。
がっつり歌モノなところも非常に好みです。歌メロがきれいでちょっと切なくていいんですよね。ま、でも、このアルバムに関しては、ということなのかな? ちょっと他を聴いてないのでわからないですけど。たぶん、クセを出そうとしたらいくらでもそういう風にも作れる人たちだと思う。そんなのも聴いてみたいですね。

「S.S」「シネマ」「くだらないことばかり」「△」が特に好きです。

演奏も上手そう。ライブも面白そうだー。
すでにチケット取るの大変そうだし、これからますます取れなくなるんだろうし…リキッドクラスなんてもう手狭だよね? この感じは。いつかフラリと観に行けたらいいんだけどなあ。
もうね、争奪戦にあっちもこっちも突っ込んでいける気力も体力もないので(笑)