読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

High and dry

それが魔法というものなら 死ぬまで解けないかも

アラフェス'13、リクエスト完了

NEWSのNEW ALBUM『NEWS』ばっかり聴きながらこちらの投票もやっと済ませました。
つ、つかれた……。
期日ギリギリまで超真剣に取り組んだわたしを褒めてほしいよ。途中から、なんでこんなに追い詰められてるんだろうね……? って思ってたもん。でもポイント制(1位から順番に10ポイント、9ポイント…となる)だと順位付けも妥協できないんだなって。
つらい、どうせ行けないんだろと思ってるのに投げやりになれないヲタクつらい。
DVDに収録してもらうため! というモチベーションでがんばりました。

では、どどどん。





●シングル

1位:Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~
2位:とまどいながら
3位:We can make it!
4位:君のために僕がいる
5位:台風ジェネレーション-Typhoon Generation-
6位:Believe
7位:きっと大丈夫
8位:ナイスな心意気
9位:言葉よりも大切なもの
10位:Breathless


●カップリング

1位:スパイラル(「Monster」収録)
2位:Future(「We can make it!」収録)
3位:Di-Li-Li(「We can make it!」収録)
4位:いつまでも(「Love so sweet」収録)
5位:モノクロ(「Endless Game」収録)
6位:Intergalactic(「Endless Game」収録)
7位:もう一歩(「Troublemaker」収録)
8位:二人の記念日(「WISH」収録)
9位:花火(「Your Eyes」収録)
10位:ふたりのカタチ(「ワイルド アット ハート」収録)


●アルバム

1位:キャラメル・ソング(「ARASHIC」収録)
2位:ランナウェイ・トレイン(「ARASHIC」収録)
3位:Flashback(「Dream"A"live」収録)
4位:声(「Dream"A"live」収録)
5位:どんな言葉で(「How's It Going?」収録)
6位:Do my best(「Dream"A"live」収録)
7位:Once Again(「Dream"A"live」収録)
8位:君だけを想ってる(「いざッ、Now」収録)
9位:夏の名前(「One」収録)
10位:JAM(「いざッ、Now」収録)


●ソロ

大野智:Hung up on(「Beautiful World」収録)
櫻井翔:夢でいいから(「One」収録)
相葉雅紀:「じゃなくて」(「Beautiful World」収録)
二宮和也:秘密(「One」収録)
松本潤:Shake it!(「Beautiful World」収録)



…選べねーよシングル10曲も!!

もう十分観たもん、聴いたもん……こういう企画のライブならシングルは一曲もやりませーん!!!! ぐらいまで思い切ってほしいのに、この期に及んで(?)まだ10曲も選ばせる嵐陣営ほんとばか。5位まで選んだところで行き詰って、あとは完全に惰性です。
あ、ひとつ声を大にして言いたいのは、Believeについては踊らないならやらなくていいです。Popcornツアーでのお手振りを相当根に持ってますので。

カップリングは、去年やったやつは無条件に外す、どんなに好きでも冬の曲は涙を飲んで外す、ということで選びましたが、それでも一縷の望みを残して二人の記念日だけは……。ほんとはSnowflakeも入れたかったよ。
櫻井先輩に「君のことなど興味ない」って言ってほしいがための第1位ね。去年も入れましたけど、スパイラルほんとに好き、大好き!

2010~2012年の3枚は記憶に新しいので外す(思い入れ的な意味でも、まあ…)、大好きな大好きなTimeもこれはもうTimeコンのDVD見るからいいです、ってことで外す*1、って考えたらわりとすんなり決まったアルバム曲、しかし順位を付けるのがほんとにほんとにほんっとーにつらかったぜ……気持ち的には10曲ぜんぶ同率1位です。
しかし改めて思うのは、わたしDream"A"live好きなんだな。映像化されていないっていうのもあるかもしれないけど…それにしたって名曲揃いだよね? Life goes onとDive into the futureは11位、12位でした。
はさ、わたしこの曲が自分でもよくわからないくらいつらくて、だってどこにでもあるようなありふれた失恋ソングなのに、でもつらすぎてあんまり聴けなくて、たぶんスーパーアイドルであるこの人たちが歌うからつらいのかなと思うけど、でも最近は、これ聴きたいなあって思っている。
1A→1B→1サビ→2A→2B→2サビ→3サビっていうシンプルすぎるほどシンプルな構成と極端に少ない音数が、この歌詞の切なさ救われなさをより際立たせるよねえ…って、時を越えて打ちひしがれているところです。

にのちゃん、今年は秘密で決まりでしょう? 29歳のGimmick Game、そして三十路の秘密って、もう、出来すぎである。にのみや担は安泰だな(笑)


では、本日もうひとつの投票に行ってきまーす。

*1:去年ラブシチュを踊るにのちゃんを目の前で見られたので、それでもう満足です。