読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

High and dry

それが魔法というものなら 死ぬまで解けないかも

阿部芙蓉美@青山円形劇場

LIVE GRAPEVINE
阿部芙蓉美ワンマンライブ‐円形‐ 2013.11.1 青山円形劇場


【セットリスト】
1.THE LIMIT TO YOUR LOVE(Fiest)
2.on saturday
3.革命前夜
4.ドライフラワー
5.poets
6.Silverade(with 田中和将
7.highway,highway(with 田中和将
8.エレウテリア(with 田中和将
9.Open(Rhye/with 田中和将
10.沈黙の恋人(with 田中和将
11.その街のこども
12.daddy

‐en.‐
13.エイトビート・サッドソング
14.Close To You(Carpenters
15.live in glory
16.青春と路地(with 田中和将



迷いに迷って直前にチケットを確保したのだけれど、行ってよかった。観られてよかったー、これ!
薄々わかっていたけれど、わたしは円形ステージが好きすぎるな…それだけで期待値が3割増しくらいになる。しかし、それにしてもこのライブは絶品だったよ。

田中氏、「自分のバンドではこういう場所でライブすることはまずないんで新鮮です」「360度ぐるりを囲まれて…後ろ見られるの恥ずかしいですね」「お客さんもアンプの裏側なんてなかなか見られないですから。お尻見られるより恥ずかしい(笑)」とか。わたしもアンプの裏側見たかったよ! 後ろ姿眺め隊なのに歌い手ふたりのほぼ真ん中の席って、ありがた迷惑だったよ!(迷惑ってことはない
でも、まあ、「(会場の)緊張感がすごいな…(笑)」と言いながらも楽しそうに気持ち良さそうに演奏する姿やら、ふゆみちゃんと会話する様子がよく見えたからよかったかな。よそゆき田中さん、終始にこにこでかわいらしかった。

そういえば伴奏でギターを弾く姿ってほとんど見たことないもんなあ、と思って新鮮だったし、「沈黙の恋人」が大好きなので、これいっしょにやってくれたのすごく嬉しかった。あとはRhyeのカバーがめっちゃくちゃ良かったー。なにこの色っぽい曲たまらんじゃないか…と思ったら原曲も色っぽかった。なるほど。

青山円形劇場、観劇することはついに叶わなかったけれど、ライブという形でも足を踏み入れることができてほんとによかった。あんなにいい劇場なのに、東京都はもったいなことするなあ。