読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

High and dry

それが魔法というものなら 死ぬまで解けないかも

愚かな者の語ること/GRAPEVINE

うーん。うーーん。まだまだ語れそうにはないけど、でも、

好き! 好きすぎる!! このアルバム!!

ふはー。言ってやったぜ。

  • 「無心の歌」が嫌いなバインファンなんているわけないよね!?? と思うし
  • 「1977」はどこからどう捉えてもやっぱりとんでもない名曲で
  • 「コヨーテ」の抜け感がまたシャレオツながら土臭くてバイン節炸裂だし
  • と思ったら『おまえも孤独の歌を聴けばいい』(「なしくずしの愛」)とか言われて脳内がズゴーン! となるし
  • 「われら」→「迷信」の流れが大好きすぎてここだけ延々リピートしたくなって
  • そのうちまた“わたしの!”とか言い出しかねないくらい「迷信」が好きすぎるし
  • でもその後に「うわばみ」がくるのもたまらなく好きですパイセン!! と叫びつつ
  • アニキに最敬礼したい「太陽と銃声」は不思議な曲だなあ…ってライブが楽しみだし
  • 「片側一車線の夢」は胸がチクチク、キュンキュンして泣き笑いだし
  • 予想外の雰囲気だった「虎を放つ」で終わる感じはこれまた大人っぽくていいよね…

…で、エンドレスリピートですよ。

DVDを観てそれからCDを聴いたんだけど、あの5人がグレイプバインでいてくれる限り、たぶんもうどんな事態になっても好きだよわたしは。ずっと前から思ってるけど、今回のアルバムはより強くそう思ったなあ。
ひーーん。なんかもう好きすぎて泣きたい。あいしてるよー!