High and dry

それが魔法というものなら 死ぬまで解けないかも

Permanents A ZIG/ZAG SHOW@静岡Freakyshow

Permanents presents「A ZIG/ZAG SHOW」2018.3.11@静岡Freakyshow

 

春のマーパー祭りに行ってきたよ。

 

いつぶりかも思い出せないくらいお久しぶりのパーマネンツ、パーマで聴きたい曲ばかりやってくれたし、初めてのレパートリー(無心の歌!)もあったし、最高に楽しかったです。「大人の春の日をゆっくりと楽しんでください」という田中さんの言葉のとおり、大満喫してやりましたよ!

 

パーマだけで歌った曲と、健太郎さんとセッションで歌った曲を書いてみます(アナログフィッシュの曲はタイトルがわからないので…すいません)。順番は適当なので箇条書き。

 

【Permanents】

  • smalltown,superhero
  • 小宇宙
  • それを魔法と呼ぶのなら
  • Girls Take(Dave Edmunds)
  • 雨のブルース(NICO Touches the Walls)
  • Colors
  • 無心の歌
  • La Cienega Just Smiled(Ryan Adams)
  • 風の歌

 

【セッション】

 

無心の歌がめちゃくちゃ良かった。パーマでやるとああなるのかあ……。わたしは無心の歌がここ最近(と言ってももう5年くらい前の曲なのか)のなかでも特に好きなので、いつだってライブで聴きたいと思っているのだけど、まさかパーマのレパートリーに加わるとは。また聴きたいなあ。

 

健太郎さんとのバイン曲セッションは、エレウテリア以外が健太郎さんの選曲。どれも似合ってましたね!「田中さんに“歌わせてやるから選んでこい”って言われて…」って何回も言う健太郎さんと、そのたびに「そんな言い方してへん!!」ってキャンキャン抗議する田中さん、という図がおもしろかわいかったです。仲良し。

エレウテリアは「よくよく考えたら健太郎ばっかり歌ってるな!と思ったから、ねじ込みました」だって。ありがとうありがとう!