High and dry

それが魔法というものなら 死ぬまで解けないかも

GRAPEVINE club circuit 2018

なななんと、今年初めてのワンマンライブでありツアーである。待ちに待ったよ!

 

ツアー序盤の長野ではクラサーらしいとっ散らかったセトリだなあと思ったんだけど、終盤の静岡・新木場と観て、これはGRAPEVINEからのお歳暮だ、暮れの元気なご挨拶ツアーだ!と気づいた。公園までとうわばみがセットで本編ラストなのも、会いにいくも、Armaも、今年は珍しくリリースもなかったしフェスばかりだったけど、今年もありがとう、じゃまた来シーズン!っていう挨拶でしょ。田中さんのMCも、終始わりとそんな感じだった。

そんなわけで、GRAPEVINE優しいな…わたし達あまりにも愛されてるよな……と胸いっぱいでツアーのまとめに入ろうとしていたところに突然の新譜&先行配信&ツアーのお知らせ。

 

ひ、ひえーーーーーー!

f:id:april7sg:20181127212625j:plain

f:id:april7sg:20181127212624j:plain

f:id:april7sg:20181127212653j:plain

f:id:april7sg:20181127212701j:plain

 

田中さんが「看板を見て」「告知があるらしいねん」「なんかしら見て帰ってくれ!」と言うので、どうせ(どうせ言うな)ロビーにポスターか小さめの看板があるかフライヤーが配られるくらいだろうと思っていたのに、まさかのデジタル!?っていう。バインちゃんがこんな今時の告知方法を採用する日がくるなんて誰が想像したと思うかね。ひええ。

 

f:id:april7sg:20181127212800j:plain

コーストの看板もアルバム仕様に変わっていて、えらく感動してしまった。手間暇かかってるし、至れり尽くせりじゃないか。今までなら曲作り期間とかレコーディングをしているとか、新譜の進捗状況をなんとなくでも会報とかで教えてくれていたのに今年は一切そんな話が出なかったのは、全部この日のためだったんだなあ……し、痺れる~!

そしてこのタイトルの強さよ。

「Alright」も「ALL THE LIGHT」も今までにはなかった類の強さで、それをまた今までにはなかったやり方で解禁して、そんな場に立ち会ってしまったらテンションが上がらないわけがないし、胸が熱くならないわけがないんだ。どうやら、20周年を経て新しいGRAPEVINEが始まってるみたい。

 


GRAPEVINE - Alright (Music Video)

 

……ね!!!??

こんなにGRAPEVINEなのにこんなに新しくて、ワクワクが止まらないよ。でもことさらに新しさを強調するわけじゃない、バインの音楽を熱心に聴いてきた人にだけ「おおっ?」と思うポイントが散りばめられてるくらいのさじ加減。そういうところめちゃくちゃ好き。そもそも20年間ずっと変化と深化を繰り返してきたものね……いや、ほんとそういうところ、そういうところだよこのバンドのすごいところは……ほんと面白いんだよな~。

 

とにもかくにもめでたい。あと1か月を残して、すでに年を越したくらいの気持ちになってきた。GRAPEVINEの来シーズンがますます楽しみ。2019年もしっかりと生きよう。

 

 

【セットリスト】

11月4日 長野CLUB JUNK BOX

1.ピカロ

2.SATORI

3.1977

4.その日、三十度以上

5.TOKAKU

6.EAST OF THE SUN

7.FORGE MASTER

8.MAWATA

9.マダカレークッテナイデショー

10.Weight

11.Dry November

12.BABEL

13.会いにいく

14.HESO

15.シスター

16.白日

17.EVIL EYE

18.公園まで

19.うわばみ

‐en.‐

20.アンチ・ハレルヤ

21.Reverb

22.Arma

 

11月23日 LIVE ROXY SHIZUOKA

1.ピカロ

2.SATORI

3.1977

4.EAST OF THE SUN

5.TOKAKU

6.その日、三十度以上

7.FORGE MASTER

8.レアリスム婦人

9.マダカレークッテナイデショー

10.Weight

11.Dry November

12.BABEL

13.ナポリを見て死ね

14.HESO

15.白日

16.シスター

17.EVIL EYE

18.公園まで

19.うわばみ

‐en.‐

20.Arma

21.会いにいく

22.アンチ・ハレルヤ

 

11月27日 新木場STUDIO COAST

1.ピカロ

2.SATORI

3.1977

4.EAST OF THE SUN

5.TOKAKU

6.その日、三十度以上

7.FORGE MASTER

8.MAWATA

9.マダカレークッテナイデショー

10.Weight

11.Dry November

12.BABEL

13.Silverado

14.HESO

15.白日

16.シスター

17.EVIL EYE

18.公園まで

19.うわばみ

‐en.‐

20.KOL

21.Reverb

22.会いにいく

23.ナポリを見て死ね

24.Arma