High and dry

それが魔法というものなら 死ぬまで解けないかも

NEWS DOME TOUR 2018-2019 EPCOTIA -ENCORE-@東京ドーム

2019年のライブ初めはNEWSの東京ドーム2days。

 

もう一週間も経ってしまったけど、セットリストとちょこっと感想。というかほぼ愚痴。

 

 

 

どうしてNEWSのコンサートはこう毎回毎回、情緒も脈絡もストーリー性もまるでお構いなしなのよー!!そんなの今さらだしもうある程度の耐性もできてたはずなのに、な、なんでーーーー??と思うことが多すぎて困惑。EPCOTIAに味スタを足してごちゃごちゃっと混ぜただけのセトリで「アンコール」と言われましても……。

 

DIAMOND以来10年ぶりの冬コンで、よりによって夏の曲連発されるとは思わなかったですし……いや、そうでもないか…NEWSのことだからやりかねないと思ったけど、初の単独カウコンというこれ以上ないシチュエーションなんだからその季節感は意識してくれると思ってた、が正しい。フロート曲の惰性っぷり、あれはなんだろうな。座席ガチャでオーラスはアリーナだったんだけど外野席の電光掲示板のそば(フロートがまわってこないところ)で、けっこうな時間メンバーが一人も見えなくなるからぼんやりモニターを見つめるしかなく、しかし選曲が選曲だからそれすら暇で、あまりにも虚無……。せめてフロートでもいいから、あそこで冬の曲メドレーでもやろうかってならないのが不思議でしょうがない。本編終盤だからコンサートの定番曲を消化したいとかC&Rがあって盛り上がる曲が必要とか、そんな理由だとは思うけどそれはもう過去のツアーで何度もやったでしょ…忘れちゃった?おじいちゃんかよ……。

 

でも選曲以上に、一曲一曲の繋ぎの適当さ、ぶつ切り感がいつにも増してひどくて気になる。IT'S YOUのあとのSHOCK MEとかBLACK FIREのあとのStrawberryとか、始まって早々のU R~とか、情緒もストーリー性もなさすぎるでしょう。ほんとうに急展開だしぶっ飛んでたな……。

 

良かったのはLVEとCascadeという直近のカップリングが入って、カップリング待望論にようやく気づいてくれたっぽいことかなあ。味スタで夜よ踊れが入っていたのはまぐれじゃなかったというか。LVEは生バンドだったのも良かった。あとはフルスイングとさくらガールがいい加減なくなったことかなあ。個人的にはU R~ももうコンサートでの一定の役割は果たし終えたと思うから、そんなに毎回やらなくてもいいのでは…と思うけど、京セラドームで泣いていた自担のことを思うとなんも言えなくなっちゃうな。でもそれはそれとして、今までやってこなかった曲をもっとやってほしいんだよ。

 

自担はめちゃくちゃかっこよかったしかわいかったですよ。髪型も髪色もものすごいドストライクで好みだったしサングラスと眼鏡のチョイスも最高だったしパフォーマンスの一挙手一投足には相変わらず心を掴まれたし、2019年も増田貴久をゴリゴリに推していくぞと思ったけど、それとこれとは別なので。

 

もうNEWSコンはそういうものとして自担の姿と歌を目当てに行ってるだけと割り切れればいいけど、その自担が演出・構成の多くを担っているからそこの部分で折り合いがつかない。わたしがNEWSコンに行く理由の8割は増田くんが作るものを見逃したくないからだけど、そう思ってる以上このモヤモヤはたぶんずっと晴れないんだよな。でも、増田くんがステージに立つ以上見に行かない選択肢がない。難しいな。

 

 

【セットリスト】

1.EPCOTIA

2.TWINKLE STAR

3.U R not alone

4.SPIRIT

5.紅く燃ゆる太陽

6.Stand Up

7.LIVE

8.weeeek

9.恋する惑星

10.IT'S YOU

11.SHOCK ME

12.チャンカパーナ

13.夜よ踊れ

14.LVE

15.JUMP AROUND

16.BLACK FIRE

17.Strawberry

18.ずっと一緒さ(増田/山下達郎 cover)

19.DANCIN'☆TO ME(小山)

20.カカオ(加藤)

21.Lovin'U(手越/7日:茜空)

22.Cascade

23.AVALON

24.EROTICA

25.UFO

26.メガロマニア

27.BLACKHOLE

28.LPS

29.恋祭り

30.NYARO

31.渚のお姉サマー

32.EMMA

33.チュムチュム

34.KAGUYA

35.Fighting Man

36.裸足のシンデレラボーイ

37.TEPPEN

38.希望~Yell~

39.4+FAN

40.「生きろ」

41.HAPPY ENDING

‐en.‐

42.BLUE