読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

High and dry

それが魔法というものなら 死ぬまで解けないかも

GRAPEVINE tour 2015@赤坂BLITZ

GRAPEVINE 「tour 2015」 2015.4.3 @赤坂BLITZ


「CAP」の感想も書いていないというのに、もう、というか、いよいよ、というか、
とにかく今年もツアーが始まりました。
そして始まったら終わってしまうのである。すでに寂しいのである。


というわけで、「GRAPEVINE tour 2015」初日@赤坂BLITZ、行って参りました。

セトリは載せてませんし、ネタバレもしないつもりですが、
しかしネタバレを避けるともはや、「すごい」「やばい」「かっこよすぎ」
くらいしか書けることがありませんね!!

とにかくあのー、『Burning tree』の曲ってどれもこれも本当に良いなって。
本当に面白い。曲も、演奏も。
すごい。すごいぞバイン。

あとは新譜外の選抜曲がさー、もうさーーあああああ。
正直まだびっくりしている。

「え!?」って言ったまま固まりましたよわたしは。
「なんてこったい!!!!!」とも五万回くらい思いましたよ。
まじか…まじなのかなコレは……。もう混乱の極みである。

人って驚いたり信じられない気持ちのとき、ほんとに手で口を覆うんだな…
ていうか、え、遠征…これは遠征しないわけには……どうしようどうしようどうしよう!

…終始こんな具合で、あんまり曲中のことを覚えてないよ……ばかやろう…。

新しめの曲はおいといて、全体的にどの曲もびっくり選抜に思えたんですけど、
それでも不思議と(?)Burning treeの世界を邪魔していなくて、
この、馴染んでいないようで馴染んでいる感じ、面白いなーって思って聴いてました。


たぶん、アンコールに出てきたときだったと思うんですけど、
田中さんが「Burning treeはいかがでしたか?」と聞いたあとに軽く手を広げて
「今年のGRAPEVINEです」と言った場面がものすごくかっこよかったしグッときた。

「これを持って全国回って来ますんで、最終日の豊洲でどう変わっているのか確かめに来てください」
みたいなこと(うろ覚え)も言ってた。

「今日とまったく変わらんかもしれんけどな! 間違える場所もおんなじとか!」
とも言ってたけど(笑)


田中さんは以前、「ロックバンドはルーティンであるべきなんです」と言っていたかと思うんだけど、
アルバムを作ってツアーをする、というルーティンを大事にしてきたバンドならではの言葉だし、
ああバンドっていいなツアーっていいなグレイプバイン大好きだな! と思って感動しました。

GRAPEVINE '15*1、かっこよかったなあ!


終演後、友人たちがこぞって「増やしたい…遠征したい…」ってぶつぶつ言ってたのに笑った(笑)
かく言うわたしもなんだけど…。
行けるとしたら大阪か名古屋だなあ。うー、どうしようどうしよう。

ひとまず次は、ちょうど一か月後、横浜です。楽しみ!


*****


(2015.6.5)セットリストを追記しました。




【セットリスト】

1.吹曝しのシェヴィ
2.KOL
3.Empty song
4.SOUL FOUNDATION
5.会いにいく
6.Big tree song
7.死番虫
8.ポートレート
9.アルファビル
10.スラップスティック
11.IPA
12.Esq.
13.流転
14.1977
15.Weight
16.Tinydogs
17.MAWATA
18.Afterwards
19.疾走
20.サクリファイス

‐En.‐
21.She comes(in colors)
22.アンチ・ハレルヤ
23.Reverb

*1:モーニング娘。リスペクト